ビューロー・ヴァン・ダイク・エレクトロニック・パブリッシング(ビューロー・ヴァン・ダイクまたはBvDという略称で知られています)は、1991年に旧ビューロー・マーセル・ヴァンダイクの一部門を独立させ設立されました。現在、世界30拠点で800名以上の社員が在籍しています。
 1991年10月に日本支社設立、2010年に法人化され、日本人スタッフによる電話、メール、訪問などによりお客様をサポートしています。

 現地スタッフの多くは、セールス、マーケティング、カスタマーサポートに従事しています。主な拠点は次の通りです: Amsterdam, Beijing, Berlin, Bratislava, Brussels, Buenos Aires, Chicago, Copenhagen, Dubai, Frankfurt, Geneva, Hong Kong, Johannesburg, Lisbon, London, Madrid, Manchester, Mexico City, Milan, Moscow, New York, Paris, Rome, San Francisco, Sao Paulo, Seoul, Shanghai, Singapore, Stockholm, Sydney, Tokyo, Vienna, Washington D.C. and Zurich.

 M&A情報、企業構造、資本構成などの情報を収集している調査チームは、マンチェスター、ブリュッセル、シンガポールを拠点としています。また、弊社では報道専門チームがM&A情報に関するニュース記事及び噂レベルの情報について執筆しています。

 ソフトウェア製品の開発と管理を担うチームは、ジュネーブとブリュッセルに拠点を置いています。

 また、1998年にISO9001を取得しております。

 弊社の主要株主であるEQT VIは、北ヨーロッパのプライベート・エクイティEQTグループ傘下であり、ビューロー・ヴァン・ダイクの取締役でもあります。