無料トライアル

複雑な出資関係構造と組織犯罪

2019年のコンプライアンスフォーラム開会の辞の中で、Transcrime (サクロ・クオーレ・カトリック大学)のMichele Riccardi氏は、複雑な出資関係構造と、それが重大組織犯罪の追跡にもたらす影響を指摘しました。

主なトピック:

  • Transcrime が企業の所有者だけでなく所有形態も重視する理由
  • Transcrime は金融犯罪と組織犯罪のリスクに関して出資関係構造をどのようにスコアリングするか
  • 所有権データと「パワースコア」が企業のリスクの高さについて多くの情報を伝える理由

Michele Riccardi氏はTranscrime の上級研究員です。同氏はミラノのサクロ・クオーレ・カトリック大学(Università Cattolica del Sacro Cuore)で財務分析とビジネス情報分析を教える非常勤教授でもあります。

関連記事: