無料トライアル

コンプライアンスの傾向:私たちの予測は現実になったのか?今後の展開は?

ビューロー・ヴァン・ダイクのコンプライアンスソリューションのシニアディレクターであるBill Hausermanと、データデリバティブのマネージングディレクターであるKeith Furstが、彼らの予測のうちどれが実現したか、コンプライアンスチームとプロセスの将来がどうなるかについて話し合います。ビューロー・ヴァン・ダイクのグローバルマーケティングおよびイベントのシニアディレクター、Lynn Olsenが司会を務めます。

Data Derivatives のKeith Furst氏は、今こそコンプライアンスを徹底させる絶好の機会だと指摘しています。Furst氏とビューロー・ヴァン・ダイクのBill Hausermanが、2017年のウェビナー「RegTechを介したビッグデータへのチャンネル—今こそデューデリジェンスプログラムを将来証明する時が来た」の予測を振り返り、リスクの新傾向とテクノロジーによって推進可能なコンプライアンスについて考えます。



このフォローアップウェビナーでは、次のような分野を取り上げます:

  • テクノロジーによってデューデリジェンスとコンプライアンスに関連するコストを削減する方法
  • 非構造化データによって引き起こされる課題と、KYC(顧客確認)、AML(アンチマネーロンダリング)、およびオンボーディングプロセスを改善する方法
  • 自動化と機械学習によってコンプライアンスタスクとコンプライアンスチームを変革する方法
  • コンプライアンスのスペシャリストが2019年以降に採用しなければならない重要なスキル

関連記事:


  • Orbis - 企業出資関係情報とベネフィシャルオーナー(実質的所有者)に関する当社の幅広いデータを、公的要人(PEPs)や制裁対象(Sanctions)、ネガティブニュースに関する情報と組み合わせることで、他のどの情報源よりも徹底したサードパーティーチェックが可能になります。

    無料トライアルのお申し込み

  • 無料コンプライアンス まるわかりガイド
  • ウェビナー - デジタルマネー時代における厳格な顧客管理