ビューロー・ヴァン・ダイクは、2020年6月30日から個人情報保護方針を改定いたしました。改定された個人情報の取り扱い方針はご確認いただくことができます。改定後、当社のサイトを利用することは新しい個人情報の取り扱い方針に同意したものとみなされます。

無料トライアル

目的別ソリューション

コンプライアンスと金融犯罪

コンプライアンス - 顧客確認(Know Your Customer: KYC)、腐敗防止、およびサードパーティーに対するデューデリジェンス

最も広範な企業情報、資本関係データ、制裁対象やネガティブ情報データを組み合わせ、サードパーティーとその関係者に新たなレベルの確実性をもたらします。

新しいCompliance Catalystとは?

社内データ、Orbisによる詳細な企業情報、柔軟性の高いデューデリジェンス、 これらのすべてが自動化・強化されました。 新しいCompliance Catalystはゲームチェンジャーです。 デューデリジェンス業務において、データ、テクノロジー、マンパワーを融合させた唯一の単一プラットフォームであるためです。

顧客確認(KYC)、アンチマネーロンダリング(AML)、贈収賄・腐敗防止(ABAC)の調査、顧客のオンボーディングとデューデリジェンスの業務効率化をサポートいたします。

ビューロー・ヴァン・ダイクが誇るコンプライアンス・リスクマネジメントプラットフォームであるCompliance Catalystがさらに強化され、生まれ変わったものです。 より高い拡張性、高速性、柔軟性を持っているため、独自のソリューションを構築できます。

法人や個人に対してのリスクチェックを自動化することで、迅速にリスクを特定できるようになります。 あらかじめ組み込まれているリスク評価モデルを使用するか、貴社のリスク評価項目とご要望に合わせてモデルを設定することができます。 Compliance Catalystは、Orbis企業データベースを搭載しています。 これに加えて、社内データと顧客からのデータを組み入れ、分析することができます。 より複雑な企業体の場合、厳格な顧客管理(EDD)サービスを通じて直接調査を行うことができます。

Compliance Catalyst process

Secondary Menu Navigation anchor placeholder

This will not be visible to the end user. componentId=component_d48072a1551c401ca88792f1e9051450

Navigation heading:

データ

Navigation short description:

Orbis logo cropped

Orbis: Compliance Catalystのデータベース

Orbisはネガティブ情報を含め、最も広範な企業情報や企業構造を提供するため、取引対象となるサードパーティーに関する新たなレベルの確実性を提供します。 また、これらのデータセットに対して柔軟にアラートを設定でき、リスクと変化を継続的にモニタリングできます。

ユニークな企業コード

BvD ID、ローカルID、およびLEIやGIINなどその他様々なID番号を収録しています。

企業の詳細な出資関係および実質的所有者(ベネフィシャルオーナー)

慎重に収集、処理、構造化された所有権データにより、個々の企業およびその企業グループの出資関係情報の詳細を理解するのに役立ちます。 提供可能な情報には、日付と情報ソースが示されます。 ヒストリカルな変更とアーカイブされた所有権を参照できます。 また、内部や現地の規制要件に適うように 実質的所有者(ベネフィシャルオーナー)を定義することもできます。

企業の関係者情報

Orbisは企業内や企業と関連する関係者の広範なデータベースを提供します。 これには取締役、顧問、監査役、役員、上級管理職などを含んでいます。 そして、個人に対する前職や現職、およびその他の個人との関係性も表示されます。

財務データと財務信用力スコア

Orbisの標準化された財務情報と財務モデルは、財務状況と企業の財務信用力の予測指標を示します。

ニュースのフィルタリング

Orbisには、ネガティブ情報を示すさまざまなニュースソースとアルゴリズムが含まれていましたが、 Moody'sのAnalytics AcceleratorのML Fabricによってさらに強化され、人工知能の力を活用して最も関連性の高いニュースを配信し、 複数の言語にまたがり、無用なヒットを減らすよう改良されました。

船舶

特定の船舶が制裁対象リストに該当していないかどうか、および組織とどのように関連しているかを確認できます。

オリジナル文書

  • 現地で提出された書類の「スキャン画像」
  • 世界中の公式ビジネス書類の発注機能
  • 年次報告書のPDFファイル
  • 登録機関に提出された書類へのリンク

その他の企業情報

  • 公開入札データ
  • 登記の状態、設立日、業界/国の政治体制
  • 金融機関向けAML文書

Secondary Menu Navigation anchor placeholder

This will not be visible to the end user. componentId=component_e3448938557b4e45adb752ac59305fdc

Navigation heading:

ビデオ

Navigation short description:

新しいCompliance Catalystの仕組みをご覧ください。

この5分間のビデオで、新しいCompliance Catalystがどのようにより迅速に、優れた意思決定をサポートできるかをご覧ください。

Secondary Menu Navigation anchor placeholder

This will not be visible to the end user. componentId=component_8edee1c676734a05ae598b115e2e7ee3

Navigation heading:

ビューロー・ヴァン・ダイクに出来ること

Navigation short description:

ビューロー・ヴァン・ダイクに出来ること

サードパーティーの顧客管理、アンチ マネーロンダリング(AML)、および顧客確認(Know Your Customer: KYC)におけるコンプライアンスに関して当社が提供する詳細で信頼性のある企業情報が、風評被害やリスクエクスポージャーの最小化をサポートします。私たちは、EU指令、アンチ マネーロンダリング(AML)、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)、米国の財務省外国資産管理室(OFAC)、一般的な風評被害のリスクマネジメント、および取引先の顧客管理といった分野でのサポートを行っています。

 

業務の効率化をサポート

他のどのような情報源よりも、非上場企業に関する情報を多く持つことで、企業のアイデンティティを素早く確認することができます。さらに法的な情報が必要となった場合や、企業の記録がない場合には、ドキュメントの注文サービスも行っています。

ベネフィシャルオーナー(実質的所有者)など、貴社が必要としているデータをより素早く、かつ便利な視覚化ツールを使用して取得できるようにサポートします。オンボーディング(講座開設・取引開始登録)プロセスの多くを自動化し、注釈および日付付きのドキュメントの作成が可能です。

Compliance Catalystで効率的に時間を節約できます。初期リスクを特定し、ハイボリュームかつ低リスクのチェックを自動化することで、より高レベルのリスク評価に時間を費やせるようになります。Compliance Catalystは取引先のモニタリングにも使用でき、変化があればアラートでお知らせします。

より効率的に意思決定を行えるようにサポートいたします。

 

自社のポートフォリオをモニタリング

ダッシュボードでは、オンボーディングとサードパーティー処理のステータスを確認することができます。アラートは、条件設定した対象の変化をモニタリングします。

 

精度の向上

世界中3.75億件以上の企業情報を保有するビューロー・ヴァン・ダイクは、コンプライアンス調査において最も信頼のおける情報源です。リサーチのプロセスにおいて、正しい取引先とマッチングされることは、正確性と効率性の面で不可欠です。当社では、多くの組織に正式名称を定めることで、このマッチングを可能な限りシンプルかつ正確に行うことが可能です。

また、出資構造に関する更新を1時間に7,000回行うことで、確実な情報の提供を目指しています。

 

企業グループ全容を把握をサポート

当社のお客様とお話しいただければ、当社の企業グループデータがどれほど価値があるのかがお分かりいただけると思います。企業グループとは、子会社や株主のリストだけでなく、リサーチのために操作することが可能なリストを意味します。

任意の所有比率でベネフィシャルオーナー(実質的所有者)を定義することができる環境、対応する制度の基準に合わせてサードパーティの出資先の範囲を絞り込むフィルタリング機能、さらには株式の持ち合いや間接出資の関係を明らかにすることで、公的要人 (PEPs)・制裁対象関連エンティティがチェック対象企業グループ内に存在していないかを素早くする確認することを可能にします。

 

以下を含むプロセスの自動化をサポート


  • 企業の持つ法的ナンバーの確認
  • 優先付けをサポートする高速リスクスクリーニング
  • 所有者、および直接・間接にかかわらずその企業が関連している他企業の評価
  • 公的要人(PEPs)や制裁を受けている可能性がある個人の特定
  • 国、政治、金融など、その他リスクの評価
  • 情報の変更に伴うアクションの開始
  • サードパーティーの変化のモニタリング

 

リスクの迅速な特定をサポート

当社のソリューションは、お客様の効率向上と自動化をサポートし、アナリストがより複雑なリスク調査に時間を費やせるようにします。貴社自身のリスクモデルに基づいて、ほぼ瞬時に企業のリスク特性を把握し、そのリスクレベルやリスク特性の調査をさらに進めるため必要なリソースを決定できます。

また、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)および共通報告基準(Common Reporting Standard: CRS)に関する迅速なチェックにより、取引先に、より詳細なスクリーニングが必要か否かを即座に確認できます。

Secondary Menu Navigation anchor placeholder

This will not be visible to the end user. componentId=component_895680ac9bee4073a1d492976003506f

Navigation heading:

主なメリット

Navigation short description:

主なメリット

企業のより効果的な評価・レビュー

  • グローバルな企業分析
  • ベネフィシャルオーナー(実質的所有者)に関する情報の取得
  • 企業の正式名称の入手
  • 企業グループ全体におけるリスクの理解
  • 企業の変化をモニタリングし、自動的にレビューを開始
  • 1つのプラットフォームで内部データや外部情報を表示し、分析結果とワークフローを作成
  • サプライヤーのリスクマネジメントを含む他部門との統合
  • 貴社独自のリスク選好と環境に合わせたカスタマイズ
  • 優先順位付けに関するより良い決定を下すためのデータの迅速な解釈
  • リサーチの自動化と集中化
  • 保管資料としての注釈付きレポートと統合ドキュメントの入手

Secondary Menu Navigation anchor placeholder

This will not be visible to the end user. componentId=component_aae5e3b8f0514fd0848349fe5ac431d1

Navigation heading:

ハイライト

Navigation short description:

Secondary Menu Navigation anchor placeholder

This will not be visible to the end user. componentId=component_d364cf9b94434806a5c5c3d43ee92c10

Navigation heading:

よくあるご質問

Navigation short description:

よくあるご質問

オンボーティング(口座開設・取引開始登録)する取引先に関して、コンプライアンスおよびサードパーティーのデューデリジェンスについての詳細な調査を実施できますか?

当社は世界中の企業に関する詳細情報を保有しています。その内容には以下が含まれます。

  • 財務データ
  • 出資関係情報
  • 関連する個人の詳細
  • 該当するM&A取引および報道ベースの情報、ニュース、ネガティブニュースのフィルター
  • ブログやソーシャルメディアでの否定的な言及のフラグ
  • ファイナンシャルストレングス(財務信用力)指標
  • カントリーリスクと企業の活動状況
  • 広範な公的ナンバーと多数の関連データ

ビューロー・ヴァン・ダイクの所有権情報は、数ある情報の中でも最も広範囲であり、特にベネフィシャルオーナー(実質的所有者)の情報を専門としています。サードパーティーのオンボーディング(口座開設・取引開始登録)、デューデリジェンス、KYCの調査においては、他のプロバイダーよりも詳細な調査を行うことができます。

会社の所有者、およびベネフィシャルオーナー(実質的所有者)を特定できますか?

当社の情報は、160を超える公的機関や民間のリサーチ会社などから情報を得ています。また、当社独自のチームがその他様々なソースやテクニックを駆使して、所有者情報を追記・補完しており、1時間に7,000件の更新を行っています。当社は所有権構造に精通しており、ベネフィシャルオーナー(実質的所有者)の特定において豊富な経験を持っています。当社のソリューションをご利用いただければ、次のことが可能になります。


  • 貴社の社内要件や規制要件と一貫性のあるベネフィシャルオーナー(実質的所有者)の定義を設定
  • 「トップダウン」または「ボトムアップ」アプローチを貴社のリサーチに適用
  • 対象企業からベネフィシャルオーナー(実質的所有者)までの明確な関係図および構造化した図を表示
  • 情報のソースと日付スタンプの取得
  • 経時的な変化とアーカイブの確認
  • ベネフィシャルオーナー(実質的所有者)の変化に対するアラート設定

2つの取引先間の競合または繋がりを確認できますか?

2つの組織の間に繋がりがあるか否かが分かります。そのため、オンボーディング(口座開設・取引開始登録)の対象が既存の取引先企業、制裁対象企業、あるいは既に拒否した取引先と繋がっているかどうかを素早く確認できます。

オリジナルドキュメントにアクセスできますか?

ビューロー・ヴァン・ダイクのOrbisデータベースには、レジストリ文書やレポート、およびアカウントを多く取り揃えています。また、Orbisに無い文書や、Orbisに含まれていない企業のレポートも注文できる、ドキュメントの注文サービスも提供しています。

取引に影響を与えるような要因を、モニタリングできますか?

当社のアラート機能は柔軟性に優れています。さまざまなデータ項目の変化を監視するように設定し、アラートの通知方法を選択することもできるため、取引先のモニタリングができていると確信できます。

あなたにオススメのソリューション:

Orbisは世界中の非上場企業情報を収録した、国際比較可能な高性能データベースです。

企業データベース連携型のリスクマネジメントプラットフォーム